ブレイクスルー感染率(確率)の最新版!2022/1/16 接種回数不明を取り除きました

ブレイクスルー感染率の最新版です!

はじめに

最近は、2回接種者が新型コロナウイルスに感染する、いわゆる「ブレイクスルー感染」が毎日、ニュースで報道されています。実際、どれくらいの人数や割合がブレイクスルー感染しているのか、とても興味があるのですが、ニュースでは、

「××日、○○県で新型コロナウイルスにの陽性者が確認された。△△割がブレイクスルー感染だった。」

というよう局地的な内容のものが、頻繁に報道されているだけで、全体としてのブレイクスルー感染率(確率)がよくわからないです。そこで、自分で、グラフにまとめました。

実は、厚労省が定期的にまとめて発表しているのですが、グラフにまではなっていないので、最新データを含めて、これまでの推移をグラフにまとめています。

(補足)
今回より、ブレイクスルー感染率の算出は、分母から接種回数不明者を除いています。理由は、接種回数不明者がかなりの数を占めているため、そのような不明確なデータを取り除いてまとめるを含めると



ブレイクスルー感染率の最新版(~2022/1/16)

下図が、最新のブレイクスルー感染率です。

ブレイクスルー感染率の割合の推移(分母から接種回数不明者を除く)


また、ブレイクスルー感染者数の推移も下図に示しました。

ブレイクスルー感染者数の推移

(参照)厚労省 新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボードの資料等
(注)データは接種歴不明の人を除外してある。



ブレイクスルー感染率(全年齢)※分母から接種回数不明者を除いた50.2 %
ブレイクスルー感染者数(全年齢)52,998 人
ブレイクスルー感染率、ブレイクスルー感染者数(2022/1/16)


コメント、解説

最新のブレイクスルー感染率は50.2%でした。

接種回数不明者を除いて、計算しているので、前回よりも傾向を正しく表していると考えられます。

65歳以上の人については、ブレイクスルー感染率が、70%にもなっていて、重症化防止にはなるのかもしれませんが、全く感染予防になっていないのがわかります。

前回よりも、さらにブレイクスルー感染者数が増えました(3万人以上!)が、同感染率は前週以前と同じような値で推移しています。同感染率は、やはり、感染者数の増大の影響を受けていないように見え、変異株の種類の影響を受けずに同じような値で推移しています。

今後の動きが注視されます。

イベルメクチン、ここで買えます。

 

イベルメクチンは、個人輸入で購入可能です。政治家とかお医者さんなど、わかっている人は、手元に持っていてすぐに飲めるようにしているそうな
ベストケンコーさん、はこちら↓
イベルメクチン12mg50錠

ベストケンコーのイベルメクチン12mg50錠

メルマガ登録で、すぐに使える500円クーポンもらえます。

【最新版】ワクチン接種後の死亡者数!

ワクチン接種後死亡者数は、1,400名(厚労省)だけなわけがない!  超過死亡データから算出。2021年最終確定最新版! kindle unlimited会員なら0円!

新型コロナウイルス ワクチン被接種者のファクトフルネス: 超過死亡から見るワクチン接種後の死亡者数 2021年最終確定版

テレビにやたら出演している医者は、やっぱり製薬会社からお金をもらっていた!堂々のトップは納得の昭和大学医学部客員教授 ○木○人氏!あの忽那賢志先生は、堂々とファイザーの全面広告にも出てる!


テレビ出演の医者は製薬会社からいくらもらっているか?: 新型コロナワクチン接種推進との関係はあるのか?

-未分類

© 2022 ワクチン速報(ワク速) Powered by AFFINGER5