未分類

ペットの犬、猫に感染する?ダメージは?人には感染する?猫は肺炎の可能性あり 新型コロナウイルス

新型コロナウイルスは犬猫に感染するのか?

はじめに

新型コロナウイルスが発生当初に、犬猫にも感染することがわかった!、というような内容がいわば「センセーショナル」にテレビ等で報道されていたように記憶しています。ペットの犬猫にも感染するとなったら、ヒトからペットへ、ペットからヒトに感染することになるかもしれないので、ショッキングな状況だった、ように記憶しています。最近では、犬猫のコロナ感染のニュースで全く取り上げられることもなく、結局なんだったんだろうと思います。

本記事では、結局のところ、犬や猫に新型コロナウイルスが感染することがあるのかについて、まとめてみました。



結論

ペットの犬、猫の新型コロナウイルスへの感染、ヒトへの影響は次の通りでした。

  • 犬、猫は新型コロナウイルスに感染する。感染したヒトに飼われている場合、猫が6割、犬は4割が感染しているとの報告がある。
  • 「犬」の感染後の症状について、詳細は確認できていない。
  • 「猫」の感染後の症状は、無症状であるにも関わらず、肺の炎症による長期的なダメージを受けている場合があるとの研究報告がある。
    • 飼い猫が知らずに新型コロナウイルスに感染、呼吸器に損傷を負っている可能性があり、飼い主は感染させないようにすることが肝要。
  • 犬、猫からヒトへの感染例は報告されていない。


ニュース報道と公式見解

まずは、ペットの犬や猫に新型コロナウイルスが感染に関する報道と公式見解を集めてみました。

公式見解(厚労省)

厚労省による見解です。

見解
Q1 新型コロナウイルスは、飼育しているペットに感染しますか?
 これまでに新型コロナウイルスに感染したヒトからイヌ、ネコが感染したと考えられる事例が数例報告されています。(略)ただし、新型コロナウイルスは主に発症したヒトからヒトへの飛沫感染や接触感染により感染することが分かっており、現時点では、ヒトから動物への感染事例はわずかな数に限られています。
Q2 新型コロナウイルスに感染したペットではどのような症状がありますか?
 これまでのところ、イヌでは明確な症状は確認されていませんが、ネコでは呼吸器症状・消化器症状があったとの報告があります。
Q3  新型コロナウイルスが飼育しているペットから人に感染した事例はありますか?また、ペットを飼育する上で注意すべきことはありますか?
 これまでのところ、新型コロナウイルスがペットから人に感染した事例は報告されていません。一方で、ネコは、新型コロナウイルスの感受性が他の動物種よりも高いとの報告があり、実験室内での感染実験では、ネコが他のネコに感染させ得るという結果が報告されています。
ペットへの新型コロナウイルス感染に関する見解(厚労省)

他の省庁の、農水省、環境省も見解を発表しましたが、同じ内容でした。



ニュース報道

ニュース報道については以下のようなものがありました。

報道例
ペットの犬や猫のコロナ陽性率、飼い主が感染者なら約2割=オランダ研究 (BBC 2021/7/1)
感染したペットのほとんどは無症状か、軽い症状を示すだけだという。オランダの研究は熱を入れて実施され、感染者に飼われているペットの約20%が感染している可能性があることを示した。そして、人間と同様に、感染はやがて解消されることも明らかにした。新型ウイルスは通常、犬や猫から他の動物や飼い主にはうつらないと思われる。
新型コロナ、動物から人間へ唯一の感染例はミンクだった!猫や犬同士は?(ダイアモンドオンライン 2021/9/11)
 犬にも新型コロナウイルスが感染するということが明らかになった。犬は感染しづらいので、外の散歩などは人が集まるところを避けて行えば問題ないでしょう。現在のところ、新型コロナウイルスはヒトからヒトへ感染するものであり、感染したヒトからペットへの感染、あるいは、ペットからウイルスが検出されたとしても、そのペットからヒトへの感染の報告はありません。
「知らぬ間に進むペットのコロナ感染」感染者と同居の猫6割、犬4割が陽性にプレジデントオンライン 2021/8/3
新型コロナ「ネコは感染しやすい」飼い方に注意 研究グループ(NHK 2020/5/14
知らぬ間に進むペットのコロナ感染 感染者と同居の猫6割、犬4割が陽性(Newsweek 2021/7/14
ペットの新型コロナウイルス感染に関する報道

ここまでの内容からみると、犬も猫も新型コロナウイルスに感染することがわかっていて、猫の方が感染するケースが多い、という内容になっています。



猫が感染すると、無症状だがダメージ受ける

さらに調べてみると、猫が新型コロナウイルスに感染した場合、肺にダメージを受けている、という研究結果が報告されていました。

猫の新型コロナウイルス感染に関する報告
新型コロナウイルスに感染したネコは、無症状であるにも関わらず、肺の炎症による長期的なダメージが見られた。新型コロナウイルスに感染後、回復したネコは、約4週間後に同ウイルスを接種しても、感染しなかった。(国立研究開発法人日本医療研究開発機構 2021/1/8)
新型コロナウイルスはネコの呼吸器でよく増え、さらにネコ間で接触感染することが分かった。(東京大学医科学研究所
猫の新型コロナウイルス感染に関する報告


一つ目の国立研究開発法人日本医療研究開発機構による研究結果は、これまでの「猫は新型コロナに感染するけど、やがて何事もなく治る」というそれまで言われていたものとは、違っています。ただ、ヒトと同じように、全部の猫が同じようなダメージを受けるのではなく、そのダメージの受け方は様々であると思います。

また、同日本医療研究開発機構が、次のように述べています。

これらの結果は、飼いネコが、不顕性の新型コロナウイルス感染により知らぬ間に呼吸器に損傷を負っている可能性を示しています。飼い主はその点を留意し、飼いネコを感染させないように飼育することが肝要です。



ペットの検査方法はない

東京都獣医師会によれば、ヒトの場合のPCR検査のような、ペットが新型コロナウイルスに感染したかどうかを調べる方法がないそうです。

ペットが新型コロナウイルスに感染したかどうかを検査する方法は今のところありません。(東京都獣医師会



最後に

新型コロナウイルス感染者の家でのペットは、ヒトと同じように感染の危険にさらされるのは間違いないようです。



イベルメクチン、ここで買えます。

 

イベルメクチンは、個人輸入で購入可能です。政治家とかお医者さんなど、わかっている人は、手元に持っていてすぐに飲めるようにしているそうな
ベストケンコーさん、はこちら↓
イベルメクチン12mg50錠

ベストケンコーのイベルメクチン12mg50錠

メルマガ登録で、すぐに使える500円クーポンもらえます。

【最新版】ワクチン接種後の死亡者数!

ワクチン接種後死亡者数は、1,400名(厚労省)だけなわけがない!  超過死亡データから算出。2021年最終確定最新版! kindle unlimited会員なら0円!

新型コロナウイルス ワクチン被接種者のファクトフルネス: 超過死亡から見るワクチン接種後の死亡者数 2021年最終確定版

テレビにやたら出演している医者は、やっぱり製薬会社からお金をもらっていた!堂々のトップは納得の昭和大学医学部客員教授 ○木○人氏!あの忽那賢志先生は、堂々とファイザーの全面広告にも出てる!


テレビ出演の医者は製薬会社からいくらもらっているか?: 新型コロナワクチン接種推進との関係はあるのか?

-未分類
-, ,

© 2022 ワクチン速報(ワク速) Powered by AFFINGER5